厚木最安値宣言!激安3900円ヘルス!ぽちゃカワ女子専門店の口コミ・評判

店舗名 厚木最安値宣言!激安3900円ヘルス!ぽちゃカワ女子専門店
業種 デリヘル
ジャンル ぽっちゃり・デブ専/巨乳・爆乳/素人・未経験
最安値料金 40分 3900円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 本厚木発 《出張エリア》本厚木駅前レンタルルーム/厚木インター/厚木市/海老名市/大和市/座間市/」伊勢原市など
営業時間 15:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/pochaatsugi/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、厚木最安値宣言!激安3900円ヘルス!ぽちゃカワ女子専門店さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割りかし何度も利用させてもらっているのですが、

不景気のせいか、風俗全般的に、近年、常連を増やす為に、本番(基盤)女性が多くなってきている感じがします。

僕の感じだと、70%ぐらいの確率で本番することが可能って感じ。

更に、ゴム蟻の他に、生で挿入可の女性もかなり多くなってきた感じがします。これもデフレの影響なのかなって感じます。。。

生で挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年ぐらい、ほぼすべてNSばかり。

カワイイ子と安く本番するには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
絶対に本番(基盤)することができる

カワイイ子を見つけたいって思いません?

だって、いくらネットの評判で「本番することが可能」って言われている女性でも、

実際には、一度遊んでみないと、本番することが出来ちゃうのかは分かりませんからね。

そうなると、風俗で本番出来ちゃう女性を、探し出すより、出会い系とかを使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

真面目な女性とSEX三昧

ぼくはワクワクメールをメインに活用しているんですが、計1〜2万円ぐらいで、その辺を歩いているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この間はキレイ系の栄養士(21才)と会ってきたんですが、

一緒にお茶をしてからホテルで「」で朝までSEXさせてくれましたからね。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗と比べて良くありません?

すれた嬢よりも、真面目な女性とのSEXの方が一番興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を使いながら思うのは「マジカワイイ女性が多くなってきたなぁ〜」という事。

不景気のせいで、

「風俗はやだけど、お金はほしい」

って18〜23才ぐらいの女性が無茶苦茶います。

援交というとイメージがよくないですが、

食事おごってからSEXする
SEXして帰るときにタクシー代(=お金)渡す

って恋人でも似たようなことするわけで、別に当たり前ですよね。

というのに、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人が多いようですが、

初めはお金をかけた方がスマートだと感じます。

何回か食事行ったりして親しくなってくると、知らないうちに「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

特に紳士的に

これまで、食事行ったりしてきた、女性に話を聞くと、

出会い系にいる男の人って「金を払うから中出しさせろ」の様に、顔を合わせる前のメールなど=やり取りから、そのような様子の人がほとんどとのことです。

なので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えて下さい。

そうすると思っている以上に会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってネットで書き込んでいる人って、最初の費用を出し惜しみ過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにSEXできるようになるのは、最初のハードルを越えて、安心感を与えられる男の人だけだと思います。

また「写メ送れ」って男の人も多いみたいです。

勿論見せてくれる女性だとしたら良いのですが、写メは駄目って女性たくさんいます。

そんなケースの時は、とにかく一回会ってみて下さい。

で、そんなに好みの女性でなければ、丁寧にお断りすれば良いだけですし、

断りずらい場合、ひとまず「お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、なんの問題はありませんよ。

勿論ぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼