姉デリ Kireiの口コミ・評判

店舗名 姉デリ Kirei
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系
最安値料金 60分 12000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 厚木発 本厚木、海老名、座間、綾瀬、町田、横浜町田インター、大和、藤沢、平塚、神奈川全域デリバリー致します! ※その他エリア、詳細はお問い合わせ下さい
営業時間 9:00-4:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/9219/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、姉デリ Kireiさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般わりと頻繁に利用させて貰っているのですが、

不景気のためなのか、風俗全般的に、このところ、常連を獲得するという目的で、本番(基盤)OKって女性が普通になっている感じがします。

個人のイメージで言うと、60%ぐらいの確率で本番OKって感じ。

その上、ゴム蟻の他に、生挿入可の女性も非常に多くなってきたように思います。これも不況の影響なんでしょうね。。。

生挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、案の定NNは少なめ。僕、個人的には、ここ半年ぐらい、ほぼ全てNSです。

カワイイ子と安くエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
絶対本番(基盤)させてくれる

カワイイ子に会いたいって思いませんか?

だって、いくらインターネットの体験談で「本番OK」って噂されている女性でも、

実のところ、一度でも入ってみないと、本番行為OKなのかはハッキリしていません。。。

そうなると、風俗で本番(基盤)OKの女性を、あれこれ探すなんかより、出会い系などを使った方が、「確実&安上がり」と僕は思うようになりました。

▼▼▼

普通の女の子とエッチ三昧

僕はワクワクメールをメインに活用しているんですが、総額1〜2万円程で、駅近くを歩いているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

ちょっと前にロリ系の一般事務員(21才)と会ってきたんですが、

まず最初にご飯食べてからホテル行って「ナマ」で朝までエッチさせてくれました。

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比較して良くありません?

すれた風俗嬢よりも、普通の女の子とのエッチする方が圧倒的に興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかより安い

ここ数年、出会い系を利用しながら思うのは「マジカワイイ女の子が多くなってきたなぁ〜」って点。

不景気のせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、お小遣いはほしい」

って18〜23才程の女の子がメチャクチャいます。

援交というと印象が良くありませんが、

ご飯ごちそうしてからエッチする
エッチして帰りにタクシー代(=お小遣い)渡す

って彼女にすら同様のことするわけで、いたって普通の事ですよね。

それにも関わらず、出会い系を活用している人って、タダマンを期待してお金を渋る人が多いようですが、

最初の頃はお金を掛けた方がスマートだと感じます。

2-3回SEXをして仲良くなってきたら、知らないうちに「タダマン→セフレ」になって行くんでご安心を。

とにかく紳士的に

今まで、SEXをしてきた、女の子にきくと、

出会い系を使っている男って「金を出すからナマでさせろ」みたいに、対面する前のメールなど=やりとりの段階から、そのような様子の人が多いだそうです。

なので、ぜひ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみることをお薦めします。

そうすることで思っている以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってインターネットに書き込みしている人って、初期費用をけちり過ぎなんだと思いますね。

出費なくエッチできるようになるのは、一番初めのハードルを超えて、安心感を与えることが出来る男だけだと思っています。

また「写メ送って」って男も多いみたいです。

もちろん見せてくれる女の子ならばOKなのですが、写メは駄目って女の子多いです。

その場合は、とにかく一度会ってみることをおすすめします。

で、いまいちタイプの女の子じゃない場合は、丁寧にお断りすればいいだけだし、

断りにくいのであれば、ひとまず「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰ってしまえば、これっぽっちも問題ないですよ。

もちろん僕はそうやってます。

▼▼▼