藤沢デリヘル 魔女の口コミ・評判

店舗名 藤沢デリヘル 魔女
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/巨乳・爆乳/お姉さん・キレイ系
最安値料金 45分 11000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 藤沢発 詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
営業時間 9:30-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/fujisawamajo/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、藤沢デリヘル 魔女さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般比較的ちょいちょい利用させて貰っているわけですが、

景気が良くないせいなのか、風俗全般的に、このごろ、固定客を取る為に、本番(基盤)出来る風俗嬢が増えてきているように感じます。

個人的なイメージで言えば、7割位の確率で本番(基盤)OKってな感じ。

また、ゴム蟻の他に、生でも大丈夫って風俗嬢も物凄く増えた印象です。これも不景気のあおりなんでしょうね。。。

生でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少なめ。ぼく、個人的には、ここ1年位、殆どNSばかり。

カワイイ子とお金を掛けずにエッチするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対本番(基盤)できちゃう

カワイイ子を探したいって思いませんか?

だって、どれだけネット上のクチコミで「本番(基盤)OK」って噂されている風俗嬢でも、

実際のところ、一回でも指名してみないと、本当か嘘かはハッキリしていませんからね。

となると、風俗で本番することが可能な風俗嬢を、探しあてるなんかよりも、出会い系等を利用した方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして利用しているんですが、合計1〜2万円位で、駅近くで買い物している様な「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

先日は可愛い系のスポーツインストラクター(21才)と会ってきたんですが、

軽く食事をしてからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までセックス三昧。

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比較して良くありません?

プロの風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのセックスのほうが断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を活用していて気づくのは「めちゃくちゃカワイイ女の子が多くなったなぁ〜」という事。

景気が良くないせいで、

「風俗で仕事したくないけど、お小遣いは欲しい」

って18〜23才位の女の子がアホほど増えてます。

援交というとイメージがよくありませんが、

ごはん奢ってからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人でもよく似たことするわけで、別に普通の事ですよね。

というのに、出会い系を利用している人って、タダマンをあてにしてお金をケチる人が多いですが、

初めはお金を掛けた方がスムーズだと感じます。

2-3回食事行ったりして親密になってきたら、いつの間にか「タダマン→セフレ」に変わっていきますんでご安心を。

とにかく紳士的に

今まで、食事行ったりしてきた、女の子にきいてみると、

出会い系に登録している男の人って「お金支払うから生でさせろ」など、会う前のメールなど=コミュニケーションの段階で、そんな感じの人ばかりだそうです。

そういう理由で、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

このやり方ならビックリするほど会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネット上に書き込んでいる人って、最初の経費を出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

タダでセックスできるようになるのは、最初のハードルを乗り越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと考えられます。

また「写メ見せろ」って男の人も多いようです。

勿論送ってくれる女の子だと良いんですが、写メはダメって女の子多数います。

そのようなケースの時は、何はともあれ1度会ってみた方が良いです。

で、いまいちタイプの女の子じゃない場合は、きちんと断れば良いだけだし、

断りずらい場合、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、ぜんぜん大丈夫ですよ。

勿論ぼくはそうやってます。

▼▼▼