ファーストレディーの口コミ・評判

店舗名 ファーストレディー
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系/巨乳・爆乳
最安値料金 50分 13000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 平塚発 ≪派遣エリア≫ 平塚市/茅ヶ崎市/寒川町/大磯町/藤沢市/ 厚木市/伊勢原市/小田原市/その他 ※その他エリア詳細につきましてはお問い合わせ下さい
営業時間 12:00-2:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/firstlady12345/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、ファーストレディーさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」です。

僕は風俗全般比較的何回も利用させてもらっているんですが、

不景気のからなのか、風俗全般的に、近頃では客をゲットすることを目的に、本番(基盤)できる女性が増えている気がします。

僕、個人の感覚で言うと、7割くらいの可能性で本番出来るってな感じ。

更に、ゴム蟻は当然として、ナマ挿入でも大丈夫って女性も物凄く多くなった印象です。これもデフレの影響なんでしょうね。。。

ナマ挿入でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、さすがにNNは少数派。僕、個人としては、ここ1年くらい、ほぼすべてNSだけ。

かわいい子と安くSEXするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
確実に本番(基盤)することができる

かわいい子に会いたいって思いません?

だって、いくらネットの評判で「本番出来る」って噂されている女性でも、

実のところ、一度遊んでみないと、本番することが出来ちゃうのかは分かりません。。。

そうなると、風俗で本番させてくれる女性を、探し回るより、出会い系などを利用した方が、「確実&安上がり」って僕は思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女性とエッチ三昧

僕はワクワクメールを重点的に活用しているんですが、総額1〜2万円くらいで、その辺を歩いているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この間はモデル系のイベントコンパニオン(20才)と会ってきたんですが、

軽くカフェでお茶してからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までエッチさせてくれました。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比べて良くありません?

すれた嬢よりも、普通の女性とのエッチのほうがかなり興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗より安い

ここ数年、出会い系を利用していて思うのは「もの凄くかわいい女性が多くなってきたなぁ〜」って事。

不景気のせいで、

「風俗で仕事したくないでも、お小遣いは欲しい」

って18〜23才くらいの女性がむちゃくちゃいるんです。

援交というと印象が悪いですが、

ごはん代をおごってからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人にもよく似たことするわけで、いたって当然のことですよね。

それにもかかわらず、出会い系を活用している人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人がほとんどですが、

初対面のときはお金を使った方が良いように感じます。

2-3回会って仲良くなって来れば、おのずと「タダマン→セフレ」になっていきますんでご安心を。

まずは紳士的に

いままで、会ってきた、女性に話をきくと、

出会い系を使っている男って「お小遣いを払うから生で挿れさせろ」等、顔を合わせる前のメッセージ=コミュニケーションから、そういったような感じの人がほとんどとのことです。

ですので、できるだけ紳士的に振る舞って、女性を安心させてあげてみると良いですよ。

そうすることで信じられないくらい会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってネットに書き込みしている人って、初期経費をケチり過ぎです。

お金掛けずにエッチできるようになるのは、一番初めの壁を乗り越えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ見せろ」って男も多いと聞きます。

当然見せてくれる女性であれば良いんですが、写メはNGって女性相当いるのです。

そのような時は、何はともあれ一回会ってみるといいですよ。

で、それほどタイプの女性でない場合は、ちゃんとお断りすればいいだけですし、

断りにくいのであれば、ひとまず「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、なんの問題はありませんよ。

当然僕はそうやってます。

▼▼▼