湘南e-styleの口コミ・評判

店舗名 湘南e-style
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験
最安値料金 45分 10000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 藤沢発 《神奈川県市部》 藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・ 平塚市・綾瀬市・瀬谷区・寒川町・東戸塚 《横浜市》 戸塚区・泉区・栄区 お好きなホテル・自宅からお電話下さい。
営業時間 14:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/estyle/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、湘南e-styleさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般わりと繰り返し利用させて貰っているわけですが、

景気が良くない為か、風俗全般的に、このところ、お客さんを増やすという目的で、本番(基盤)出来ちゃう女性が普通になっている感じがします。

僕、個人の印象で言えば、6割位の確率で本番できるという感じ。

さらには、ゴム蟻は当たり前として、ナマで挿入OKの女性もすごく増えたような気がします。これも不景気の影響なんだと思います。。。

ナマで挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やっぱりNNは少数派。僕、個人としては、ここ1年位、ほぼすべてNSばっかり。

可愛い子とお金を掛けずにエッチするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
絶対に本番(基盤)できる

可愛い子を探したいって思いませんか?

だって、例えインターネット上の口コミで「本番できる」って言われている女性でも、

実際のところ、一回遊んでみないと、本番出来ちゃうのかは分かりませんからね。

となると、風俗で本番できる女性を、探しあてるより、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」って僕は思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女の子とSEX三昧

僕はワクワクメールを主として活用しているんですが、合計1〜2万円位で、その辺でお茶しているような「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

この前はロリ系の金融系OL(20才)と会ってきたんですが、

軽くご飯食べてからホテルへ行き「ナマ」で朝までSEXさせてくれましたからね。

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比べて良くありません?

プロの嬢よりも、普通の女の子とのSEXの方が圧倒的に興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗より安い

ここ数年、出会い系を使っていて感じるのは「マジ可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」ということ。

景気が良くないせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、お金は欲しい」

って18〜23才位の女の子がメチャメチャいるんです。

援交というと印象がよくありませんが、

食事代を奢ってからSEXする
SEXして帰りにタクシー代(=お金)渡す

って恋人にすら同じようなことするわけで、別に当然のことですよね。

それにも関わらず、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金をけちる人が多いのですが、

最初の頃はお金を使ったほうがスムーズだと感じます。

2-3回食事行ったりして親密になってきたら、何もしなくても「タダマン→セフレ」となって行くんでご安心を。

とにかく紳士的に

これまで、食事行ったりしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系を利用している男の人って「おこづかい払うからナマでさせろ」など、対面する直前のメッセージ=やり取りの段階で、そのような様子の人がほとんどみたいです。

という訳で、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてください。

そうすれば恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系では会えない」ってインターネット上で書き込みしてる人って、初期経費を出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにSEX出来るようになるのは、一番初めのハードルを超えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと感じます。

また「写メ見せて」って男の人も多いようです。

当然見せてくれる女の子の場合は良いのですが、写メは無理って女の子多く見られます。

そのようなケースの時は、とりあえず一回会ってみることをお薦めします。

で、あんまりタイプの女の子じゃない場合は、ちゃんと断れば問題ないし、

断りにくい時は、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」って感じにして、帰っちゃえば、なんの差し支えありませんよ。

当然僕はそうやってます。

▼▼▼