Serapia-セラピア-の口コミ・評判

店舗名 Serapia-セラピア-
業種 ホテヘル
ジャンル アロマエステ
最安値料金 70分 12000円-
カード VISA/MASTER
住所 神奈川県横浜市中区曙町3-40プリンス曙町ビル1F
アクセス 関内駅から徒歩15分 関内駅より徒歩15分 黄金町駅より徒歩8分 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分
営業時間 9:30-4:30
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/serapia/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、Serapia-セラピア-さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割とよく使わせて貰っているわけですが、

景気が良くないためか、風俗全般的に、最近ではお客さんをとるという目的で、本番(基盤)することができる女性が普通になってきたように感じます。

個人的な印象でいえば、60-70%程の可能性で本番出来るという状態。

しかも、ゴム蟻は当たり前として、ナマで挿入可の女性も非常に多くなった感じがします。これも不況のあおりなんでしょうね。。。

ナマで挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、やはりNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年程、十中八九NSです。

かわいい子とお金を掛けずに本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
絶対に本番(基盤)出来ちゃう

かわいい子に出会いたいって思いません?

だって、いくらネットの書き込みで「本番出来る」って言われている女性でも、

正直なところ、一度指名してみないと、真偽の程は分かりませんよね。

そうなってくると、風俗で本番出来る女性を、探すなんかよりも、出会い系などを使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

真面目な女性とセックス三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして使用しているんですが、コスト1〜2万円位で、町中で買い物している様な「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

先日はカワイイ系のセラピスト(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にカフェでお茶してからホテル行って「ナマ」で朝までセックスさせてくれましたからね。

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比較して良くありません?

すれた嬢よりも、真面目な女性とのセックスする方がかなり興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を使っていて感じるのは「むちゃくちゃかわいい女性が増えてきたなぁ〜」というような点。

景気が良くないせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、おこづかいはほしい」

って18〜23才位の女性がむちゃくちゃ増えてきています。

援交というとイメージが良くないですが、

食事ごちそうしてからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=おこづかい)出す

って彼女にも似た感じのことするわけで、別に当たり前ですよね。

なのに、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人が殆どですが、

最初の頃はお金をかけた方がスムーズだと思います。

何回かSEXをして親しくなってくれば、どういうわけか「タダマン→セフレ」となって行くんでご安心を。

まずは紳士的に

これまで、SEXをしてきた、女性に話をきくと、

出会い系を使っている男の人って「おこづかいを支払うからナマで挿れさせろ」の様に、顔を合わせる前のメッセージ=コミュニケーションの段階から、そんな印象の人ばかりみたいです。

というわけで、是非とも紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えてみると良いですよ。

そうすることで信じられないくらい会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってネットに書き込みしている人って、初期コストを出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

タダでセックス出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと感じます。

また「写メ見せて」って男の人も多いみたいです。

当然送ってくれる女性ならOKなのですが、写メは不可って女性たくさんいます。

そのようなケースの時は、とりあえず1度会ってみた方がいいです。

で、いまいち好みの女性でなければ、丁寧にお断りすれば良いだけだし、

断りずらい時は、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰っちゃえば、何の大丈夫ですよ。

当然ぼくはそうしてます。

▼▼▼