横浜パフパフチェリーパイの口コミ・評判

店舗名 横浜パフパフチェリーパイ
業種 ヘルス
ジャンル フェチ・マニア/巨乳・爆乳/痴女・S女
最安値料金 35分 8000円-
カード VISA/MASTER
住所 神奈川県横浜市中区曙町1-1黒須ビル2F
アクセス 京急線日ノ出町駅から徒歩5分 京急線「日ノ出町駅」」より徒歩約5分 地下鉄「伊勢佐木長者町駅」より徒歩約3分 地下鉄「関内駅」より徒歩約7分
営業時間 8:30-24:00
定休日 年中無休/その他(【土・日・祝】は、朝6時から営業中!)
引用元 https://fuzoku.jp/doukoukai/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、横浜パフパフチェリーパイさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般割とちょいちょい利用させて貰っているのですが、

不景気のからなのか、風俗全般的に、近頃では顧客をとる為に、本番(基盤)することが可能な女性が増えてきた感じがします。

僕の感じだと、7割位の可能性で本番させてくれるって感じ。

また、ゴム蟻の他に、生で挿れさせてくれる女性も物凄く多くなったように思います。これも不景気のあおりなのかなって感じます。。。

生で挿れさせてくれる場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、案の定NNは少なめ。僕、個人的には、ここ半年位、ほとんどNSばっかり。

可愛い子とお金を掛けずにエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
100%本番(基盤)できる

可愛い子を見つけたいって思いませんか?

だって、仮にインターネットの評判で「本番させてくれる」って言われている女性でも、

正直なところ、一度でもプレイしてみないと、本番OKなのかははっきりしていません。。。

ってなると、風俗で本番出来る女性を、探しあてるよりも、出会い系などを使ったほうが、「確実&安上がり」って僕は思うようになりました。

▼▼▼

擦れてない女の子とSEX三昧

僕はワクワクメールをメインに活用しているんですが、コスト1〜2万円程で、街中で買い物している様な「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

ちょっと前にモデル系のアパレル系(19才)と会ってきたんですが、

一緒にご飯食べてからホテルに行き「ゴムなし」で朝までSEX三昧。

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗より良くないです?

すれた風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのSEXするほうがめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりも安い

最近出会い系を利用していて感じるのは「むちゃくちゃ可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」ということ。

不景気のせいで、

「風俗はしたくないけど、お金はほしい」

って18〜23才程の女の子がメチャクチャいるんですよ。

援交というと印象が良くありませんが、

食事奢ってからSEXする
SEXして帰りにタクシー代(=お金)出す

って彼女にすら同じようなことするわけで、別に当然ですよね。

それにも関わらず、出会い系を活用している人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が多いみたいですが、

初めて会った時とかはお金を使ったほうが良いように思います。

2-3回エッチして親密になって来ると、自ずと「タダマン→セフレ」に変わって行きますんでご安心を。

特に紳士的に

いままで、エッチしてきた、女の子に聞くと、

出会い系を使っている男性って「お金を払うから生中で挿れさせろ」の様に、顔を合わせる直前のメッセージ=やり取りのときから、そんな印象の人が殆どらしいです。

なので、ぜひ紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみることをお薦めします。

そうすると想像以上に会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってインターネットで書き込みしてる人って、初期経費を渋り過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにSEX出来るようになるのは、最初のハードルを乗り越えて、安心感を与えられる男性だけだと考えられます。

また「写メ見せて」って男性も多いみたいです。

普通に見せてくれる女の子ならばいいんですが、写メは不可って女の子結構いるのです。

そのようなケースの時は、ともかく一度会ってみることをおすすめします。

で、いまいち好みの女の子でない場合は、キチンと断れば良いだけだし、

断りにくい場合、取り敢えず「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、なんの差し支えありませんよ。

普通に僕はそういう風にしてます。

▼▼▼