ホワイトハウス(ミクシーグループ)の口コミ・評判

店舗名 ホワイトハウス(ミクシーグループ)
業種 ヘルス
ジャンル コスプレ・イメクラ/巨乳・爆乳/AV女優
最安値料金 40分 10000円-
カード VISA/MASTER/AMEX
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-17-2東亜伊勢佐木ビル5F
アクセス JR関内駅北口から徒歩8分 JR関内駅北口徒歩8分
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/howaito/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、ホワイトハウス(ミクシーグループ)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般比較的何度も使わせてもらっているのですが、

不景気のためか、風俗全般的に、このごろ、リピーターをゲットする目的で、本番(基盤)出来る女の子が増えてきた気がします。

僕、個人の印象だと、60%程の確率で本番(基盤)OKって感じ。

さらには、ゴム蟻は当然として、ナマ挿入可って女の子もとても多くなってきたように思います。これもデフレのあおりなんでしょうね。。。

ナマ挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、当然のことながらNNは少なめ。ぼく、個人としては、ここ半年程、十中八九NSです。

可愛い子と安くエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
確実に本番(基盤)出来る

可愛い子に会いたいって思いません?

だって、仮にインターネット上の書き込みで「本番(基盤)OK」って噂されている女の子でも、

実のところ、一度でも指名してみないと、本番OKなのかはハッキリしていません。。。

となると、風俗で本番することが出来ちゃう女の子を、探すより、出会い系等を利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、合計1〜2万円位で、町中をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

ちょっと前に可愛い系の歯科助手(19才)と会ってきたんですが、

最初にご飯食べてからホテルへ行き「ナマ」で朝までセックス三昧。

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗よりお得感ありません?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、真面目な女の子とのセックスしたほうがめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗より安い

最近出会い系を使っていて感じるのは「むちゃくちゃ可愛い女の子が増えたなぁ〜」というような点。

不景気のせいで、

「風俗はいやだけど、お金は欲しい」

って18〜23才位の女の子がビックリするほど増えてきています。

援交というとイメージが良くありませんが、

ご飯代をおごってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=お金)出す

って彼女にも同様のことするわけで、別に当たり前ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人がほとんどですが、

初対面のときはお金を掛けたほうが良いように思います。

2-3回SEXをして仲良くなって来ると、どういうわけか「タダマン→セフレ」になって行くんでご安心を。

まずは紳士的に

いままで、SEXをしてきた、女の子にきくと、

出会い系を使っている男性って「金出すから生で挿れさせろ」みたいに、会う前のメッセージ=コミュニケーションの時から、そんな感じの人が殆どみたいです。

なわけで、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてください。

このようにすれば驚くほど会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネット上に書き込んでいる人って、初期費用をけちり過ぎなんだと思いますね。

出費なくセックスできるようになるのは、最初の壁を越えて、安心感を与えられる男性だけだと思います。

また「写メ見せろ」って男性も多いようです。

もちろん見せてくれる女の子ならばオーケーなのですが、写メは不可って女の子多く見られます。

そのようなケースの時は、とりあえず一回会ってみることをおすすめします。

で、そんなにタイプの女の子でなければ、誠意を持って断ればいいだけだし、

断りにくい時は、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰れば、ぜんぜん大丈夫ですよ。

もちろんぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼