PINK HOUSE(ミクシーグループ)の口コミ・評判

店舗名 PINK HOUSE(ミクシーグループ)
業種 ヘルス
ジャンル マットプレイ/3P(複数)/お姉さん・キレイ系
最安値料金 40分 9000円-
カード VISA/MASTER/AMEX
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-15第二海図ビル3F
アクセス JR関内駅北口から徒歩8分 JR関内駅北口より16号線横須賀方面に徒歩8分。
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/pinnkuhausu/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、PINK HOUSE(ミクシーグループ)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般比較的よく使わせてもらっているわけですが、

不景気のからか、風俗全般的に、現在、顧客を作ることを目的に、本番(基盤)可能な女性が当たり前になってきたように感じます。

僕の感覚でいえば、60%くらいの確率で本番出来るってな感じ。

さらには、ゴム蟻は当然として、ナマOKの女性もとても増えた印象です。これもデフレの影響かもしれませんね。。。

ナマOKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、案の定NNは少なめ。僕、個人としては、ここ1年くらい、十中八九NSです。

かわいい子と低コストで本番する為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
100パーセント本番(基盤)できる

かわいい子を探したいって思いませんか?

だって、いくらインターネット上の口コミで「本番出来る」って噂されている女性でも、

実際のところ、一回指名してみないと、本番出来るのかは判別できませんからね。

そうなってくると、風俗で本番行為OKの女性を、探すよりも、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」って僕は思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女の子とSEX三昧

僕はワクワクメールを重点的に活用しているんですが、計1〜2万円位で、街中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この前はモデル系のセラピスト(21才)と会ってきたんですが、

最初にカフェでお茶してからホテルへ行き「ナマ」で朝までSEXさせてくれましたからね。

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗よりお得感ありません?

すれた嬢よりも、擦れてない女の子とのSEXするほうが断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりも安い

ここ数年、出会い系を利用していて感じるのは「ほんとかわいい女の子が多くなってきたなぁ〜」って点。

不景気のせいで、

「風俗では仕事したくないけど、お小遣いは欲しい」

って18〜23才位の女の子が無茶苦茶います。

援交っていうとイメージが良くありませんが、

ご飯代を奢ってからSEXする
SEXして帰る時にタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人にも同じようなことするわけで、いたって普通のことですよね。

というのに、出会い系を活用している人って、タダマンを当てにしてお金をケチる人が殆どですが、

初めはお金を掛けたほうが良いんじゃないかと感じます。

2-3回顔を合わして親しくなってくると、おのずと「タダマン→セフレ」に変わって行くんでご安心を。

まずは紳士的に

過去に、顔を合わしてきた、女の子に話をきいてみると、

出会い系にいる男性って「お小遣いを出すから生で挿れさせろ」みたいに、顔を合わせる直前のメッセージ=交渉から、そんな印象の人ばかりだそうです。

そういう理由で、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてください。

そうすることで恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネット上に書き込んでいる人って、最初の費用を渋り過ぎです。

タダでSEXできるようになるのは、一番初めのハードルを乗り越えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと考えられます。

また「写メ送れ」って男性も多いみたいです。

当然送ってくれる女の子ならばいいですが、写メは駄目って女の子結構いるのです。

そのようなケースの時は、とりあえず一度会ってみた方がいいです。

で、いまひとつ好みの女の子じゃなければ、きちんと断ればいいだけだし、

断りずらい時は、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、これっぽっちも差し支えありませんよ。

当然僕はそうやってます。

▼▼▼