ふぞろいの人妻たちの口コミ・評判

店舗名 ふぞろいの人妻たち
業種 ヘルス
ジャンル 人妻/素人・未経験
最安値料金 40分 10500円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所 神奈川県横浜市中区長者町6-106三栄ビル2F
アクセス JR関内駅から徒歩5分 JR関内駅徒歩5分/京急日ノ出町駅徒歩5分/伊勢佐木長者町徒歩2分
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/fuzoroi/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、ふぞろいの人妻たちさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割と何回も利用させてもらっているのですが、

不況のためなのか、風俗全般的に、近頃は固定客をゲットする為に、本番(基盤)出来ちゃう風俗嬢が当たり前になってきている感じがします。

僕、個人の感じで言うと、70%ぐらいの可能性で本番出来るって感じ。

その上、ゴム蟻以外に、ナマで挿入OKの風俗嬢も結構多くなってきた印象です。これも不況の影響なんだと思います。。。

ナマで挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やっぱりNNは少なめ。ぼく、個人としては、ここ半年ぐらい、ほぼすべてNSばかり。

かわいい子と安くSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
確実に本番(基盤)出来ちゃう

かわいい子に会いたいって思いません?

だって、どれだけネットの書きこみで「本番出来る」って噂されている風俗嬢でも、

実際のところ、一回でもプレイしてみないと、本番することが可能なのかははっきりしていません。。。

そうなってくると、風俗で本番させてくれる風俗嬢を、探しあてるなんかよりも、出会い系などを使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

真面目な女性とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして使用しているんですが、コスト1〜2万円程で、町中をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

先日はカワイイ系の保育士(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にお茶をしてからホテルに行き「」で朝までエッチさせてくれましたからね。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比べて良くないです?

仕事として割り切っている嬢よりも、真面目な女性とのエッチのほうが間違いなく興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を活用しながら思うのは「めちゃくちゃかわいい女性が多くなったなぁ〜」という点。

不況のせいで、

「風俗ではバイトしたくないけど、お金は欲しい」

って18〜23才程の女性がむちゃくちゃ増えてきています。

援交というと印象がよくありませんが、

食事代を奢ってからエッチする
エッチして帰りにタクシー代(=お金)出す

って恋人にすら同様のことするわけで、別に当たり前の事ですよね。

それなのに、出会い系を使用している人って、タダマンを期待してお金をけちる人がほとんどですが、

初めて会った時とかはお金を使った方がスムーズだと思います。

何回かセックスをして親しくなって来れば、どういうわけか「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

特に紳士的に

いままで、セックスをしてきた、女性に話を聞くと、

出会い系に登録している男って「お金を払うからナマで挿れさせろ」みたいに、顔を合わせる直前のメールなど=やり取りの段階で、そのような様子の人が多いみたいです。

そういう理由で、ぜひ紳士的に振る舞って、女性を安心させてあげてみることをお薦めします。

そうすることで想像以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネットに書き込みしている人って、初期コストをけちり過ぎです。

出費なくエッチ出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えられる男だけだと言えます。

また「写メ見せろ」って男も多いようです。

もちろん送ってくれる女性の場合はOKなのですが、写メは不可って女性結構いるのです。

そういった時は、まずは一度会ってみるといいですよ。

で、あんまりタイプの女性じゃなければ、誠意を持ってお断りすればいいだけだし、

断りにくい時は、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰ってしまえば、何の大丈夫ですよ。

もちろんぼくはそうしてます。

▼▼▼