素人奥さま悶絶夜這い倶楽部「人妻ちゃんねる」の口コミ・評判

店舗名 素人奥さま悶絶夜這い倶楽部「人妻ちゃんねる」
業種 ヘルス
ジャンル 人妻/コスプレ・イメクラ/巨乳・爆乳
最安値料金 40分 12500円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所 神奈川県川崎市川崎区堀之内町13番地42
アクセス JR川崎駅から徒歩8分 JR川崎駅、京急川崎駅より徒歩8分
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/zumach/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、素人奥さま悶絶夜這い倶楽部「人妻ちゃんねる」さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般比較的ちょいちょい利用させて貰っているのですが、

不景気のからか、風俗全般的に、この何年かで、お客を獲得するという目的で、本番(基盤)可能な風俗嬢が増えてきている感じがします。

個人的な感覚で言えば、60%位の確率で本番できるという感じ。

さらには、ゴム蟻は当たり前として、生挿入OKって風俗嬢も非常に多くなってきたような気がします。これも不況のあおりなのかなって感じます。。。

生挿入OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やっぱりNNは少なめ。僕、個人としては、ここ1年位、殆どNSばかり。

可愛い子と低コストで本番するには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと低コストで
100パーセント本番(基盤)可能な

可愛い子を見つけたいって思いません?

だって、仮にネット上の評判で「本番できる」って噂されている風俗嬢でも、

実際のところ、一度でも遊んでみないと、本番行為OKなのかは判別できませんよね。

そうなると、風俗で本番できる風俗嬢を、探しあてるなんかより、出会い系などを利用した方が、「確実&安上がり」って僕は思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女性とエッチ三昧

僕はワクワクメールをメインとして活用しているんですが、コスト1〜2万円ぐらいで、街中でお茶しているような「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

この間はロリ系の保母さん(21才)と会ってきたんですが、

最初に喫茶店でお茶してからホテル行って「」で朝までエッチさせてくれましたからね。

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くないです?

すれた風俗嬢よりも、擦れてない女性とのエッチしたほうがめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかより安い

最近出会い系を活用しながら感じるのは「むちゃくちゃ可愛い女性が多くなってきたなぁ〜」というような事。

不景気のせいで、

「風俗は嫌だでも、お金はほしい」

って18〜23才ぐらいの女性がアホほどいます。

援交っていうとイメージがよくありませんが、

ご飯おごってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=お金)渡す

って恋人にすら似た感じのことするわけで、いたって当然のことですよね。

それにもかかわらず、出会い系を活用している人って、タダマンを当てにしてお金をケチる人が多いのですが、

初めはお金を使った方がスマートだと感じます。

数回会って親密になって来れば、何もしなくても「タダマン→セフレ」になって行きますんでご安心を。

まずは紳士的に

これまで、会ってきた、女性に聞いてみると、

出会い系を利用している男って「お小遣い払うから生でさせろ」みたいに、顔を合わせる直前のメッセージ=やり取りの時から、そういったような感じの人が多いみたいです。

なので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女性を安心させて下さい。

そうすると想像以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネット上で書き込みしてる人って、初期費用を渋り過ぎです。

お金掛けずにエッチ出来るようになるのは、一番初めの壁を越えて、安心感を与えられる男だけだと思います。

また「写メ送れ」って男も多いと聞きます。

勿論見せてくれる女性だとしたら問題ないのですが、写メはNGって女性多いです。

そういったケースの時は、取りあえず一回会ってみて下さい。

で、そこまで好みの女性じゃない場合は、しっかりとお断りすれば問題ないし、

断りずらい場合、取り敢えず「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、これっぽっちも大丈夫ですよ。

勿論僕はそうやってます。

▼▼▼