デリヘル東京in横浜の口コミ・評判

店舗名 デリヘル東京in横浜
業種 デリヘル
ジャンル AV女優
最安値料金 60分 7000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/その他(各種カード会社取り扱っております)
住所
アクセス 新横浜発 ■派遣可能エリア■ 西区・保土ヶ谷区・南区・中区・神奈川区・鶴見区・港南区・ 磯子区・鶴見区・港北区 都筑区・緑区・旭区・泉区・ 青葉区・横浜町田・戸塚区・栄区・etc
営業時間 17:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/deliyoko/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、デリヘル東京in横浜さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般割と何回も利用させてもらっているわけですが、

景気が良くないせいか、風俗全般的に、現在、客をとる目的で、本番(基盤)大丈夫って女性が普通になっている気がします。

僕のイメージでいえば、7割くらいの可能性で本番させてくれるってな感じ。

さらには、ゴム蟻は当たり前として、ナマ挿入OKの女性もかなり多くなってきた感じです。これも不況のあおりなんだと思います。。。

ナマ挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、当然NNは少数派。僕、個人としては、ここ半年くらい、殆どNSのみ。

可愛い子と安くSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
100パーセント本番(基盤)させてくれる

可愛い子に出会いたいって思いませんか?

だって、いくらインターネット上のクチコミで「本番させてくれる」って言われている女性でも、

実際のところ、一度遊んでみないと、本番出来るのかはハッキリしていません。。。

そうなると、風俗で本番出来る女性を、探し回るなんかよりも、出会い系等を利用した方が、「確実&安上がり」って僕は思うようになったのです。

▼▼▼

普通の女性とエッチ三昧

僕はワクワクメールをメインとして使用しているんですが、コスト1〜2万円位で、その辺で買い物しているような「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

ちょっと前にキレイ系の歯科助手(19才)と会ってきたんですが、

一緒にお茶をしてからホテル行って「ナマ」で朝までエッチ漬け。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比べてお得感ありません?

プロの嬢よりも、普通の女性とのエッチする方が一番興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

近頃出会い系を活用しながら気づくのは「もの凄く可愛い女性が増えてきたなぁ〜」ということ。

景気が良くないせいで、

「風俗では仕事したくないけど、お金は欲しい」

って18〜23才位の女性がメチャメチャいます。

援交というと印象が良くないですが、

食事奢ってからエッチする
エッチして帰りにタクシー代(=お金)出す

って彼女にすら同じようなことするわけで、いたって普通の事ですよね。

なのに、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が多いですが、

最初の頃はお金を使った方が良いんじゃないかと感じます。

何度かお茶したりして仲良くなってきたら、どういうわけか「タダマン→セフレ」に変わっていきますんでご安心を。

まずは紳士的に

これまで、お茶したりしてきた、女性に話を聞いてみると、

出会い系を利用している男性って「おこづかい出すからナマで挿れさせろ」等、会う前のメッセージ=コミュニケーションの段階で、そのような様子の人が殆どだそうです。

というわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女性を安心させて下さい。

そうすれば信じられないくらい会えるんでw

「出会い系は会えない」ってインターネット上に書き込みしている人って、最初の経費を渋り過ぎなんだと思いますね。

出費なくエッチ出来るようになるのは、最初のハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと思います。

また「写メ見せろ」って男性も多いみたいです。

当然送ってくれる女性ならいいんですが、写メは無理って女性多く見られます。

そのようなケースの時は、まずは1回会ってみると良いですよ。

で、そんなにタイプの女性でなければ、しっかりとお断りすればいいだけだし、

断りずらい時は、ひとまず「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰れば、全然差し支えありませんよ。

当然僕はそうやってます。

▼▼▼