琥珀の口コミ・評判

店舗名 琥珀
業種 ソープ
ジャンル 巨乳・爆乳/マットプレイ/お姉さん・キレイ系
最安値料金 入浴料 120分 44000円-
カード VISA/MASTER
住所 神奈川県川崎市川崎区堀之内町13
アクセス 川崎駅から徒歩8分 京急川崎駅から徒歩8分・JR川崎駅から徒歩10分です。
営業時間 8:30-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/kohaku/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、琥珀さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般割とよく使わせてもらっているわけですが、

景気が良くないからなのか、風俗全般的に、近年、固定客を増やすことを目的に、本番(基盤)可能な女性が普通になってきた気がします。

個人的な感覚でいえば、7割ぐらいの可能性で本番させてくれるという状態。

その上、ゴム蟻は当たり前として、ナマで挿入OKの女性もかなり多くなってきたような気がします。これも不況のあおりかもしれません。。。

ナマで挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ1年ぐらい、ほぼすべてNSばかり。

カワイイ子とお金を掛けずにSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
100%本番(基盤)可能な

カワイイ子を探したいって思いませんか?

だって、例えインターネットの書きこみで「本番させてくれる」って言われている女性でも、

実のところ、一回指名してみないと、本当か嘘かははっきりしていません。。。

となると、風俗で本番出来る女性を、あれこれ探すなんかより、出会い系などを使ったほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになりました。

▼▼▼

擦れてない女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に活用しているんですが、合計1〜2万円程で、街中で買い物しているような「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

先日はカワイイ系のイベントコンパニオン(19才)と会ってきたんですが、

一緒に喫茶店でお茶してからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までセックスさせてくれました。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比較して良くありません?

すれた風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのセックスするほうが断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかより安い

ここ数年、出会い系を使いながら気づくのは「ほんとカワイイ女の子が多くなったなぁ〜」的な点。

景気が良くないせいで、

「風俗では仕事したくないでも、お小遣いはほしい」

って18〜23才程の女の子がメチャクチャいます。

援交というと印象が良くないですが、

ご飯代を奢ってからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人にも同様のことするわけで、別に当然ですよね。

なのに、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金を渋る人が多いのですが、

初めて会った時とかはお金を掛けたほうがスマートだと思います。

何回かSEXして親密になってくると、何もしなくても「タダマン→セフレ」になって行くんでご安心を。

とにかく紳士的に

これまで、SEXしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系に登録している男の人って「お小遣い出すから生でさせろ」の様に、会う直前のメールなど=やり取りから、そのような様子の人ばかりみたいです。

ですので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみると良いですよ。

このやり方ならいくらでも会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネットに書き込んでいる人って、最初のコストをケチり過ぎなんだと思いますね。

タダでセックスできるようになるのは、最初のハードルを乗り越えて、安心感を与えられる男の人だけだと考えられます。

また「写メ送れ」って男の人も多いと聞きます。

普通に送ってくれる女の子の場合はいいですが、写メは不可って女の子多くいます。

そういった場合は、何はともあれ1度会ってみることをおすすめします。

で、そこまで好みの女の子でなければ、しっかりと断ればいいだけですし、

断りにくい場合、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」って感じにして、帰ってしまえば、これっぽっちも問題ないですよ。

普通にぼくはその様にしてます。

▼▼▼