曼陀羅(まんだら)の口コミ・評判

店舗名 曼陀羅(まんだら)
業種 ソープ
ジャンル お姉さん・キレイ系/素人・未経験/巨乳・爆乳
最安値料金 入浴料 100分 20000円-
カード その他(お問い合わせ下さい。)
住所 神奈川県川崎市川崎区南町21-293階
アクセス JR川崎駅、京急川崎駅から徒歩12分 JR川崎駅、京急川崎駅からお電話下さい。 送迎がございます。
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/mandara8181/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、曼陀羅(まんだら)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割りかしちょいちょい使わせて貰っているんですが、

不況のためか、風俗全般的に、近頃、常連客を獲得する目的で、本番(基盤)大丈夫って嬢が普通になってきたように思います。

僕、個人のイメージで言えば、6割程の確率で本番(基盤)OKという状態。

さらには、ゴム蟻以外に、生でも大丈夫って嬢も相当増えてきたような気がします。これも不景気のあおりかもしれません。。。

生でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、もちろんNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年程、十中八九NSばかり。

カワイイ子と安くエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対本番(基盤)することができる

カワイイ子を見つけたいって思いません?

だって、どれだけインターネット上の評判で「本番(基盤)OK」って噂されている嬢でも、

実際のところ、一度入ってみないと、本番できるのかははっきりしていませんよね。

ってなると、風俗で本番することが出来ちゃう嬢を、探し出すなんかよりも、出会い系などを利用した方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

普通の女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして使用しているんですが、計1〜2万円ぐらいで、町中を歩いているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

先日は可愛い系の保母さん(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にご飯食べてからホテルに行き「ナマ」で朝までエッチ三昧。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗よりお得感ありません?

すれた風俗嬢よりも、普通の女の子とのエッチするほうがめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を使いながら感じるのは「もの凄くカワイイ女の子が多くなってきたなぁ〜」的な点。

不況のせいで、

「風俗はいやだけど、お金はほしい」

って18〜23才ぐらいの女の子がむちゃくちゃいます。

援交というとイメージが悪いですが、

食事おごってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=お金)渡す

って恋人にすらよく似たことするわけで、いたって普通のことですよね。

それなのに、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人が多いのですが、

初めて会った時とかはお金を使った方がスムーズだと思います。

数回お茶したりして親しくなってくれば、知らないうちに「タダマン→セフレ」に変わって行くんでご安心を。

とにかく紳士的に

いままで、お茶したりしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系を使っている男性って「お小遣いを払うからナマでさせろ」のように、顔を合わせる直前のメッセージ=コミュニケーションの時から、そんな感じの人がほとんどみたいです。

なので、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

このようにすれば驚くほど会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネット上で書き込みしてる人って、初期コストをけちり過ぎです。

お金掛けずにエッチ出来るようになるのは、一番初めの壁を越えて、安心感を与えられる男性だけだと考えられます。

また「写メ送って」って男性も多いようです。

勿論見せてくれる女の子ならばオーケーなのですが、写メはNGって女の子相当いるのです。

その場合は、なにはともあれ一回会ってみた方がいいですね。

で、今一つ好みの女の子でなければ、丁寧に断れば良いだけですし、

断りにくい場合、まずは「軽くお茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰っちゃえば、なんの問題ありませんよ。

勿論ぼくはそのようにしてます。

▼▼▼