かぐや姫の口コミ・評判

店舗名 かぐや姫
業種 ソープ
ジャンル 巨乳・爆乳/痴女・S女
最安値料金 50分 16000円-
カード VISA/MASTER/AMEX/DINERS
住所 神奈川県川崎市川崎区堀之内3−19
アクセス 川崎駅から徒歩10分 川崎駅(東)の交差点を背に市役所通り約500m直進→稲毛通り左折→約300m直進 ・川崎駅周辺より無料送迎有り ・無料駐車場完備
営業時間 6:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/kaguya/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、かぐや姫さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ボクは風俗全般わりと何度も利用させて貰っているわけですが、

景気が良くないせいなのか、風俗全般的に、近頃はお客を獲得する目的で、本番(基盤)可能な女性が多くなっているように思います。

個人的な印象だと、6割位の可能性で本番出来ちゃうという感じ。

しかも、ゴム蟻は当然として、生OKの女性も物凄く増えた気がします。これもデフレのあおりなんだと思います。。。

生OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、案の定NNは少数派。ボク、個人としては、ここ半年位、十中八九NSです。

かわいい子とお金を掛けずにSEXするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対に本番(基盤)出来る

かわいい子を見つけたいって思いませんか?

だって、どれだけインターネットのクチコミで「本番出来ちゃう」って言われている女性でも、

実際には、一度でもプレイしてみないと、本番(基盤)OKなのかは分かりません。。。

そうなってくると、風俗で本番することが可能な女性を、探しだすぐらいなら、出会い系とかを使った方が、「確実&安上がり」ってボクは思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女性とセックス三昧

ボクはワクワクメールをメインに使用しているんですが、コスト1〜2万円くらいで、町中でお茶している様な「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

先日はモデル系のモデルの卵(21才)と会ってきたんですが、

一緒に喫茶店でお茶してからホテルに行き「」で朝までセックス漬け。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗より良くないです?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、真面目な女性とのセックスした方が間違いなく興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

ここ数年、出会い系を活用しながら思うのは「めちゃくちゃかわいい女性が多くなってきたなぁ〜」という事。

景気が良くないせいで、

「風俗でバイトしたくないでも、お小遣いは欲しい」

って18〜23才くらいの女性がメチャメチャ増えてきています。

援交というとイメージが悪いですが、

ご飯ごちそうしてからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お小遣い)渡す

って恋人でも似た感じのことするわけで、いたって普通の事ですよね。

というのに、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金を出し惜しむ人が多いですが、

初めて会った時とかはお金を掛けた方がスマートだと思います。

数回SEXして親しくなってくれば、どういうわけか「タダマン→セフレ」となって行くんでご安心を。

まずは紳士的に

今まで、SEXしてきた、女性にきくと、

出会い系に登録している男って「金を払うからナマで挿れさせろ」等、対面する前のメッセージ=交渉の段階で、そういったような感じの人ばかりみたいです。

というわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女性を安心させてみると良いですよ。

そうすることで恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってインターネットで書き込みしてる人って、初期経費を渋り過ぎなのに気づいてないですよね。

タダでセックスできるようになるのは、最初の壁を乗り越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと言えます。

また「写メ見せろ」って男も多いと聞きます。

もちろん送ってくれる女性ならいいですが、写メは駄目って女性多くいます。

そのような時は、とりあえず1回会ってみることをお薦めします。

で、いまいち好みの女性でない場合は、きちんと断ればいいだけですし、

断りずらいのであれば、最初は「お茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰っちゃえば、ぜんぜん大丈夫ですよ。

もちろんボクはそのようにしてます。

▼▼▼