巫山の夢の口コミ・評判

店舗名 巫山の夢
業種 デリヘル
ジャンル お姉さん・キレイ系/素人・未経験
最安値料金 90分 35000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 関内発 出張エリア:みなとみらい・関内・横浜駅周辺 ※詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
営業時間 11:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/fuzannoyume/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、巫山の夢さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

どうも、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと繰り返し利用させて貰っているんですが、

景気が良くないからか、風俗全般的に、最近リピーターをとるために、本番(基盤)出来ちゃう風俗嬢が当たり前になっているように思います。

個人的な印象でいえば、7割くらいの確率で本番(基盤)OKってな感じ。

さらには、ゴム蟻以外に、生挿入でも大丈夫って風俗嬢も相当増えた気がします。これも不況の影響なんでしょうね。。。

生挿入でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、当然のことながらNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年くらい、ほとんどNSのみ。

かわいい子と低コストでエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと低コストで
絶対本番(基盤)させてくれる

かわいい子を見つけたいって思いません?

だって、どれだけインターネット上の口コミで「本番(基盤)OK」って噂されている風俗嬢でも、

実のところ、一度指名してみないと、本番出来ちゃうのかは分かりませんからね。

となると、風俗で本番出来ちゃう風俗嬢を、探しだすなんかよりも、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになりました。

▼▼▼

擦れてない女の子とSEX三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、計1〜2万円くらいで、町中で買い物している様な「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この間はロリ系のパティシエ(21才)と会ってきたんですが、

最初にカフェでお茶してからホテルに行き「」で朝までSEXさせてくれましたからね。

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比較して良くないです?

プロの嬢よりも、擦れてない女の子とのSEXのほうがめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

ここ数年、出会い系を使っていて思うのは「むちゃくちゃかわいい女の子が増えてきたなぁ〜」的な事。

景気が良くないせいで、

「風俗では仕事したくないけど、おこづかいはほしい」

って18〜23才くらいの女の子がメチャクチャ増えてきています。

援交っていうとイメージがよくありませんが、

ご飯おごってからSEXする
SEXして帰る時にタクシー代(=おこづかい)渡す

って彼女にすら同じようなことするわけで、いたって普通のことですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使用している人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人がほとんどですが、

最初はお金をかけたほうがスムーズだと思います。

2-3回食事行ったりして親しくなってくれば、いつの間にか「タダマン→セフレ」となって行くんでご安心を。

とにかく紳士的に

過去に、食事行ったりしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系に登録している男性って「お金を支払うからナマでさせろ」みたいに、対面する前のメッセージ=交渉の段階で、そういったような感じの人が多いだそうです。

というわけで、ぜひ紳士的に振る舞って、女の子を安心させて下さい。

このようにすれば恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネット上で書き込みしてる人って、最初の費用をケチり過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにSEXできるようになるのは、一番初めの壁を超えて、安心感を与えられる男性だけだと思っています。

また「写メ見せて」って男性も多いようです。

もちろん見せてくれる女の子ならオーケーなのですが、写メはNGって女の子相当いるのです。

そんなケースの時は、なにはともあれ1回会ってみて下さい。

で、いまひとつタイプの女の子でなければ、丁寧にお断りすれば問題ないし、

断りずらい場合、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、なんの問題ないですよ。

もちろんぼくはそのようにしてます。

▼▼▼