やりたい放題プラチナムの口コミ・評判

店舗名 やりたい放題プラチナム
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/即尺(即プレイ)/奴隷・M女
最安値料金 40分 7000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 関内発 電話での受付となりますので、お気軽にお問合せください。
営業時間 15:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/yaripla/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、やりたい放題プラチナムさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般わりと繰り返し使わせてもらっているわけですが、

景気が良くないためなのか、風俗全般的に、近頃は常連客を取ることを目的に、本番(基盤)できる女の子が当たり前になってきた感じがします。

僕、個人の感覚でいえば、6割位の確率で本番させてくれるという状態。

更に、ゴム蟻以外に、ナマで挿入可の女の子も相当多くなったように思います。これも不景気の影響なのかなって感じます。。。

ナマで挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、案の定NNは少数派。僕、個人的には、ここ1年位、ほとんどNSだけ。

カワイイ子とお金を掛けずにSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
100%本番(基盤)することができる

カワイイ子を探したいって思いません?

だって、仮にインターネットの口コミで「本番させてくれる」って言われている女の子でも、

実際のところ、一回でもプレイしてみないと、本番(基盤)OKなのかは判明しませんからね。

となると、風俗で本番出来る女の子を、探し出すより、出会い系等を使ったほうが、「確実&安上がり」って僕は思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女性とエッチ三昧

僕はワクワクメールを重点的に使用しているんですが、総額1〜2万円位で、町中をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

ちょっと前にモデル系のセラピスト(19才)と会ってきたんですが、

まず最初にご飯食べてからホテルに行き「ナマ」で朝までエッチさせてくれました。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比べて良くありません?

プロの風俗嬢よりも、擦れてない女性とのエッチしたほうがかなり興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗より安い

最近出会い系を使っていて感じるのは「めちゃくちゃカワイイ女性が増えてきたなぁ〜」という事。

景気が良くないせいで、

「風俗で仕事したくないけど、お金は欲しい」

って18〜23才位の女性がメチャクチャ増えてます。

援交というと印象が良くないですが、

ごはん代をおごってからエッチする
エッチして帰りにタクシー代(=お金)渡す

って恋人にすら同じようなことするわけで、いたって当たり前の事ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が多いですが、

初めて会った時とかはお金を使ったほうが良いんじゃないかと感じます。

何度かご飯行ったりして仲良くなってくれば、何もしなくても「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

特に紳士的に

過去に、ご飯行ったりしてきた、女性にきくと、

出会い系にいる男性って「お小遣いを出すから生で挿れさせろ」など、顔を合わせる直前のメールなど=コミュニケーションのときから、そのような様子の人が多いだそうです。

なわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女性を安心させてみると良いですよ。

このやり方なら信じられないくらい会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネットに書き込んでいる人って、初期コストをケチり過ぎなんだと思いますね。

お金掛けずにエッチ出来るようになるのは、最初のハードルを越えて、安心感を与えられる男性だけだと感じます。

また「写メ見せて」って男性も多いと聞きます。

当然送ってくれる女性だとしたらいいんですが、写メは無理って女性いっぱいいます。

そのようなケースの時は、ともかく一回会ってみた方がいいです。

で、いまひとつ好みの女性でなければ、ちゃんと断ればいいだけですし、

断りずらい時は、最初は「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、これっぽっちも大丈夫ですよ。

当然僕はそういう風にしてます。

▼▼▼