アロマエレガンス横浜の口コミ・評判

店舗名 アロマエレガンス横浜
業種 エステ
ジャンル アロマエステ/回春性感マッサージ/M性感
最安値料金 60分 10000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 横浜発 横浜発】横浜市・川崎市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・大和市・座間市・綾瀬市・海老名市・茅ヶ崎市・平塚市・伊勢原市・厚木市・秦野市・相模原市・寒川町・葉山町・愛川町・清川村・横須賀市・三浦市
営業時間 10:00-4:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/yokohamaaroma/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、アロマエレガンス横浜さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般比較的繰り返し使わせてもらっているんですが、

不景気のせいなのか、風俗全般的に、近年、顧客を作る為に、本番(基盤)することができる風俗嬢が普通になってきたように感じます。

個人的な印象で言うと、70%程の確率で本番OKという感じ。

しかも、ゴム蟻の他に、ナマ挿入でも大丈夫って風俗嬢もとても多くなった気がします。これもデフレのあおりかもしれません。。。

ナマ挿入でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、もちろんNNは少なめ。ぼく、個人的には、ここ1年程、ほぼ全部NSばっかり。

可愛い子とお金を掛けずにSEXするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
絶対本番(基盤)することが可能な

可愛い子を探したいって思いませんか?

だって、例えインターネット上のクチコミで「本番OK」って噂されている風俗嬢でも、

実際には、一回指名してみないと、本番出来るのかは分かりませんよね。

そうなってくると、風俗で本番することが出来ちゃう風俗嬢を、探し当てるよりは、出会い系とかを使ったほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使っているんですが、計1〜2万円位で、町中で買い物している様な「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

先日はモデル系のパティシエ(21才)と会ってきたんですが、

一緒にカフェでお茶してからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までエッチさせてくれましたからね。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比較してお得感ありません?

プロの風俗嬢よりも、真面目な女の子とのエッチするほうが断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりは安い

近頃出会い系を活用しながら気がつくのは「ほんと可愛い女の子が多くなったなぁ〜」ということ。

不景気のせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、お金は欲しい」

って18〜23才位の女の子がメチャメチャいるんですよ。

援交っていうとイメージがよくありませんが、

ご飯ごちそうしてからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お金)出す

って彼女でも似た感じのことするわけで、いたって当然のことですよね。

それにも関わらず、出会い系を使っている人って、タダマンを期待してお金をケチる人が多いですが、

最初はお金を使ったほうがスマートだと思います。

何回かエッチをして親しくなって来れば、いつの間にか「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

まずは紳士的に

過去に、エッチをしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系にいる男の人って「お小遣い払うから中出しさせろ」等、会う前のメールなど=コミュニケーションの段階から、そういったような感じの人だらけだそうです。

なわけで、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてください。

そうすると思っている以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってインターネット上に書き込みしている人って、初期経費をけちり過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにエッチできるようになるのは、最初のハードルを超えて、安心感を与えられる男の人だけだと考えられます。

また「写メ見せて」って男の人も多いと聞きます。

普通に見せてくれる女の子ならば良いのですが、写メは無理って女の子多数います。

そのような場合は、取り敢えず一度会ってみると良いですよ。

で、いまいち好みの女の子じゃない場合は、しっかりとお断りすればいいだけですし、

断りずらいのであれば、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰れば、なんの大丈夫ですよ。

普通にぼくはその様にしてます。

▼▼▼