60分 10000円 横浜関内2度ヌキの口コミ・評判

店舗名 60分 10000円 横浜関内2度ヌキ
業種 デリヘル
ジャンル 痴女・S女/フェチ・マニア/素人・未経験
最安値料金 40分 8000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 関内発 大通り公園周辺にてお電話下さい。 その他、横浜市内のご自宅・ホテルへの デリバリーも受け付けております。
営業時間 12:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/nidoiku6/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、60分 10000円 横浜関内2度ヌキさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと繰り返し使わせて貰っているわけですが、

景気が良くないからか、風俗全般的に、近頃、常連客を取る目的で、本番(基盤)出来ちゃう風俗嬢が多くなってきた気がします。

個人の感覚で言えば、60-70%くらいの可能性で本番出来ちゃうという感じ。

しかも、ゴム蟻の他に、生で挿入可の風俗嬢も非常に多くなってきたように思います。これもデフレのあおりなんでしょうね。。。

生で挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、案の定NNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年くらい、ほぼ全てNSばかり。

可愛い子と安く本番するには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
100%本番(基盤)できる

可愛い子に出会いたいって思いません?

だって、仮にインターネットの書きこみで「本番出来ちゃう」って噂されている風俗嬢でも、

実際のところ、一回指名してみないと、本番出来ちゃうのかははっきりしていませんからね。

となると、風俗で本番することが出来ちゃう風俗嬢を、探し当てるぐらいなら、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女性とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインに利用しているんですが、総額1〜2万円くらいで、街中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

ちょっと前にカワイイ系のフリーター(21才)と会ってきたんですが、

一緒に食事をしてからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までエッチさせてくれましたからね。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗より良くないです?

プロの嬢よりも、擦れてない女性とのエッチした方が断然興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

最近出会い系を使っていて感じるのは「むちゃくちゃ可愛い女性が多くなってきたなぁ〜」というような点。

景気が良くないせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、お小遣いはほしい」

って18〜23才くらいの女性がアホほどいます。

援交というとイメージがよくないですが、

ご飯おごってからエッチする
エッチして帰りにタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人でもよく似たことするわけで、別に当然のことですよね。

というのに、出会い系を利用している人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人が多いようですが、

初めて会った時とかはお金を使ったほうが良いように思います。

数回SEXして親密になってきたら、知らないうちに「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

まずは紳士的に

これまで、SEXしてきた、女性にきいてみると、

出会い系を使っている男の人って「お金を出すから生でさせろ」のように、会う直前のメッセージ=交渉の段階から、そんな感じの人ばかりみたいです。

という訳で、できるだけ紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えてみることをお薦めします。

このやり方ならビックリするほど会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってインターネットに書き込みしている人って、初期費用を渋り過ぎなんだと思いますね。

出費なくエッチ出来るようになるのは、最初の壁を越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと言えます。

また「写メ送れ」って男の人も多いと聞きます。

当然送ってくれる女性ならば問題ないのですが、写メは無理って女性相当いるのです。

そんな場合は、ともかく一回会ってみた方がいいですね。

で、いまいちタイプの女性でない場合は、きちんとお断りすれば良いだけだし、

断りにくい場合、ひとまず「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、ぜんぜん問題はありませんよ。

当然ぼくはそうしてます。

▼▼▼