五十路マダム横浜店(カサブランカグループ)の口コミ・評判

店舗名 五十路マダム横浜店(カサブランカグループ)
業種 デリヘル
ジャンル 人妻/熟女/待ち合わせ
最安値料金 60分 12000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 関内発 ラブホテル、ご自宅、シティホテル、ビジネスホテル大歓迎♪ お待ち合わせコースもございます。
営業時間 10:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/isojimyokohama/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、五十路マダム横浜店(カサブランカグループ)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般わりと頻繁に使わせて貰っているわけですが、

景気が悪いせいか、風俗全般的に、近年は常連客を獲得する為に、本番(基盤)出来ちゃう女の子が当たり前になってきた気がします。

個人的な感じで言うと、60-70%ぐらいの可能性で本番できるってな感じ。

さらには、ゴム蟻は当たり前として、ナマ挿入可の女の子もとても多くなってきた感じがします。これも不況のあおりかもしれません。。。

ナマ挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、案の定NNは少数派。僕、個人としては、ここ1年ぐらい、十中八九NSです。

可愛い子と安くエッチするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
確実に本番(基盤)させてくれる

可愛い子に会いたいって思いません?

だって、仮にインターネット上の書き込みで「本番できる」って噂されている女の子でも、

実際のところ、一回入ってみないと、真偽の程ははっきりしていませんよね。

となると、風俗で本番出来ちゃう女の子を、探し出すよりは、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」と僕は思うようになったのです。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

僕はワクワクメールを主として使用しているんですが、計1〜2万円ぐらいで、街中をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

この間はキレイ系の看護婦(19才)と会ってきたんですが、

まず最初にお茶をしてからホテル行って「ナマ」で朝までセックスさせてくれました。

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗よりお得感ありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、真面目な女の子とのセックスの方がかなり興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりは安い

近頃出会い系を使っていて感じるのは「マジ可愛い女の子が多くなってきたなぁ〜」という事。

景気が悪いせいで、

「風俗でバイトしたくないでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子がアホほどいます。

援交っていうとイメージが悪いですが、

食事代をおごってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=おこづかい)出す

って恋人にすら同じようなことするわけで、いたって当たり前の事ですよね。

というのに、出会い系を使用している人って、タダマンを期待してお金を渋る人が殆どですが、

最初の頃はお金を使った方がスムーズだと感じます。

何回かセックスをして親しくなって来ると、何もしなくても「タダマン→セフレ」となっていくんでご安心を。

とにかく紳士的に

過去に、セックスをしてきた、女の子にきくと、

出会い系に登録している男って「おこづかい出すから中出しさせろ」みたいに、会う直前のメッセージ=やり取りの段階から、そんな感じの人が殆どみたいです。

ですので、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみると良いですよ。

このやり方なら恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってインターネット上で書き込みしてる人って、初期経費をケチり過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにセックス出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ見せろ」って男も多いと聞きます。

もちろん送ってくれる女の子であれば良いんですが、写メは駄目って女の子多いです。

そんな時は、取り敢えず一回会ってみることをお薦めします。

で、あんまり好みの女の子でなければ、キチンと断ればいいだけだし、

断りにくい時は、まずは「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」って感じにして、帰れば、なんの差し支えありませんよ。

もちろん僕はそういう風にしてます。

▼▼▼