セカンドライフの口コミ・評判

店舗名 セカンドライフ
業種 ホテヘル
ジャンル 熟女/人妻
最安値料金 40分 14000円-
カード VISA/MASTER/JCB
住所 神奈川県相模原市松が枝町25-34倉田ビル1F
アクセス 小田急線 小田急相模原駅 南口から徒歩1分 小田急線 小田急相模原駅 南口徒歩1分
営業時間 12:00-LAST
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/sekandlife/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、セカンドライフさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般比較的ちょいちょい利用させて貰っているのですが、

景気が悪いためか、風俗全般的に、近頃はお客を作ることを目的に、本番(基盤)することができる嬢が多くなってきた感じがします。

僕のイメージで言うと、7割くらいの可能性で本番することが出来ちゃうってな感じ。

さらには、ゴム蟻の他に、生でも大丈夫って嬢も凄く増えてきたように思います。これも不景気のあおりなんでしょうね。。。

生でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、もちろんNNは少なめ。ぼく、個人としては、ここ1年くらい、ほぼすべてNSばっかり。

かわいい子とお金を掛けずに本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
100%本番(基盤)することができる

かわいい子に出会いたいって思いませんか?

だって、どれだけネットの書き込みで「本番することが出来ちゃう」って噂されている嬢でも、

実際には、一回プレイしてみないと、本当か嘘かははっきりしていませんよね。

そうなってくると、風俗で本番行為OKの嬢を、探し出すより、出会い系等を利用した方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

普通の女の子とSEX三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使っているんですが、合計1〜2万円程で、その辺をぶらぶらしているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

ちょっと前にロリ系のキャバ嬢(21才)と会ってきたんですが、

一緒にご飯食べてからホテルで「ナマ」で朝までSEX三昧。

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比べてお得感ありません?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、普通の女の子とのSEXの方がかなり興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を利用しながら気づくのは「めちゃくちゃかわいい女の子が多くなってきたなぁ〜」的なこと。

景気が悪いせいで、

「風俗でバイトしたくないでも、おこづかいはほしい」

って18〜23才程の女の子が驚くほどいるんですよ。

援交っていうと印象が良くありませんが、

ご飯ごちそうしてからSEXする
SEXして帰る時にタクシー代(=おこづかい)出す

って彼女にも似たようなことするわけで、いたって普通のことですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使っている人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人が多いですが、

最初の頃はお金をかけた方が良いんじゃないかと思います。

何度かエッチして親しくなって来れば、自然と「タダマン→セフレ」になっていくんでご安心を。

とにかく紳士的に

いままで、エッチしてきた、女の子に話をきくと、

出会い系を利用している男性って「おこづかい払うから生でさせろ」の様に、会う前のメッセージ=やり取りの段階から、そんな印象の人が殆どとのことです。

そういう理由で、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてください。

そうすれば想像以上に会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってネットに書き込んでいる人って、初期費用を渋り過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにSEX出来るようになるのは、一番初めの壁を越えて、安心感を与えられる男性だけだと考えられます。

また「写メ見せて」って男性も多いと聞きます。

もちろん送ってくれる女の子であればいいんですが、写メは不可って女の子いっぱいいます。

そういった場合は、まずは一回会ってみるといいですよ。

で、今一つタイプの女の子じゃなければ、しっかりとお断りすればいいだけだし、

断りずらいのであれば、取り敢えず「お茶でも行きましょう」って感じにして、帰宅すれば、これっぽっちも問題ないですよ。

もちろんぼくはそうやってます。

▼▼▼