新横浜リゼクシーの口コミ・評判

店舗名 新横浜リゼクシー
業種 デリヘル
ジャンル お姉さん・キレイ系/素人・未経験/巨乳・爆乳
最安値料金 45分 11000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 新横浜発 《派遣エリア》 横浜市内/町田市/川崎市/多摩区/ 藤沢市/相模原市/鎌倉市/東京都内 ※詳細はお問合せ下さい
営業時間 24時間
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/shinyokohamarezexy/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、新横浜リゼクシーさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ボクは風俗全般割とちょいちょい利用させて貰っているわけですが、

不況のためなのか、風俗全般的に、この何年かで、お客をとることを目的に、本番(基盤)可能な嬢が多くなっている感じがします。

僕、個人のイメージで言うと、60-70%ぐらいの確率で本番できるってな感じ。

さらには、ゴム蟻以外に、生でも大丈夫って嬢も非常に多くなってきた気がします。これもデフレの影響なんだと思います。。。

生でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やはりNNは少数派。ボク、個人としては、ここ半年ぐらい、ほとんどNSです。

かわいい子とお金を掛けずにエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
100%本番(基盤)することができる

かわいい子に会いたいって思いませんか?

だって、どれだけネットのクチコミで「本番できる」って噂されている嬢でも、

実際には、一回プレイしてみないと、本番出来るのかははっきりしていませんからね。

となると、風俗で本番出来ちゃう嬢を、探し当てるなんかよりも、出会い系とかを使った方が、「確実&安上がり」ってボクは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女の子とSEX三昧

ボクはワクワクメールをメインに使っているんですが、コスト1〜2万円ぐらいで、街中でお茶しているような「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

この前はカワイイ系のOL(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にご飯食べてからホテルに行き「ナマ」で朝までSEXさせてくれました。

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、普通の女の子とのSEXの方が間違いなく興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

ここ数年、出会い系を利用していて感じるのは「むちゃくちゃかわいい女の子が増えたなぁ〜」って点。

不況のせいで、

「風俗で仕事したくないでも、お金はほしい」

って18〜23才ぐらいの女の子がメチャクチャいるんです。

援交というと印象が良くないですが、

ご飯代をおごってからSEXする
SEXして帰りにタクシー代(=お金)出す

って彼女にすら似た感じのことするわけで、いたって当たり前ですよね。

というのに、出会い系を使っている人って、タダマンを期待してお金をけちる人が多いのですが、

初めはお金をかけた方が良いんじゃないかと思います。

数回お茶したりして親しくなってくると、いつの間にか「タダマン→セフレ」となって行くんでご安心を。

とにかく紳士的に

いままで、お茶したりしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系に登録している男って「お小遣い出すから生中で挿れさせろ」の様に、顔を合わせる前のメールなど=やりとりの段階で、そのような様子の人が殆どみたいです。

なわけで、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてください。

このようにすれば驚くほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってネットで書き込みしてる人って、初期費用を渋り過ぎです。

出費なくSEXできるようになるのは、最初の壁を超えて、安心感を与えることが出来る男だけだと言えます。

また「写メ見せろ」って男も多いみたいです。

もちろん見せてくれる女の子ならば問題ないのですが、写メはNGって女の子多いです。

そういった場合は、とにかく一回会ってみるといいですよ。

で、いまいち好みの女の子じゃない場合は、ちゃんと断れば問題ないし、

断りにくいのであれば、最初は「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、ぜんぜん問題はありませんよ。

もちろんボクはそうやってます。

▼▼▼