大和 ラストバカンスの口コミ・評判

店舗名 大和 ラストバカンス
業種 ピンサロ
ジャンル 素人・未経験
最安値料金 35分 5900円-
カード 利用不可
住所 神奈川県大和市大和南2-1-1一休ビル2F
アクセス 大和駅南口から徒歩1分 大和駅南口を出て線路沿いを藤沢方面に進みTSUTAYAを過ぎて信号の所で看板が見えてきます。 DEEPSの向かいのビルの2F。
営業時間 14:00-LAST
定休日 その他(基本的には年中無休)
引用元 https://fuzoku.jp/omolv/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、大和 ラストバカンスさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般比較的ちょいちょい使わせて貰っているのですが、

不景気のせいなのか、風俗全般的に、現在、固定客を獲得することを目的に、本番(基盤)させてくれる風俗嬢が多くなっている感じがします。

僕、個人的なイメージでいえば、7割位の可能性で本番(基盤)OKという感じ。

また、ゴム蟻だけじゃなく、生で挿れさせてくれる風俗嬢も相当増えた感じです。これも不況のあおりかもしれませんね。。。

生で挿れさせてくれる場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、もちろんNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年位、ほぼ全部NSばかり。

可愛い子と低コストで本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと低コストで
100パーセント本番(基盤)できる

可愛い子を探したいって思いませんか?

だって、仮にインターネット上のクチコミで「本番(基盤)OK」って言われている風俗嬢でも、

正直なところ、一回遊んでみないと、真偽の程はハッキリしていません。。。

そうなってくると、風俗で本番させてくれる風俗嬢を、探し回るよりは、出会い系などを使ったほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女の子とSEX三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使っているんですが、コスト1〜2万円くらいで、街中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

この前はカワイイ系のフリーター(20才)と会ってきたんですが、

軽くカフェでお茶してからホテル行って「ナマ」で朝までSEXさせてくれましたからね。

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗より良くないです?

すれた風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのSEXしたほうがめちゃくちゃ興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗よりは安い

ここ数年、出会い系を利用していて気がつくのは「むちゃくちゃ可愛い女の子が増えたなぁ〜」ってこと。

不景気のせいで、

「風俗では仕事したくないでも、お小遣いは欲しい」

って18〜23才くらいの女の子がメチャメチャいます。

援交というと印象が良くないですが、

ご飯ごちそうしてからSEXする
SEXして帰りにタクシー代(=お小遣い)渡す

って彼女にもよく似たことするわけで、いたって当然ですよね。

それなのに、出会い系を使っている人って、タダマンをあてにしてお金をケチる人が殆どですが、

初めて会った時とかはお金を使ったほうがスマートだと感じます。

数回エッチをして親しくなってくれば、知らないうちに「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

特に紳士的に

過去に、エッチをしてきた、女の子に話を聞いてみると、

出会い系を利用している男って「お金出すから生でさせろ」など、会う前のメールなど=やり取りのときから、そんな感じの人ばかりとのことです。

なわけで、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみることをお薦めします。

そうすることで信じられないくらい会えるんでw

「出会い系は会えない」ってインターネット上に書き込んでいる人って、初期経費をけちり過ぎなんだと思いますね。

お金掛けずにSEXできるようになるのは、一番初めのハードルを乗り越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと言えます。

また「写メ見せろ」って男も多いと聞きます。

普通に送ってくれる女の子であればオーケーなのですが、写メは駄目って女の子たくさんいます。

そういった場合は、とにかく1回会ってみることをお薦めします。

で、そこまでタイプの女の子でない場合は、キチンと断れば問題ないし、

断りずらいのであれば、最初は「お茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰ってしまえば、これっぽっちも問題ないですよ。

普通にぼくはそのようにしてます。

▼▼▼