イーマイスターの口コミ・評判

店舗名 イーマイスター
業種 デリヘル
ジャンル 回春性感マッサージ/オナクラ・手コキ/即尺(即プレイ)
最安値料金 40分 8000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 大和発 《出張エリア》中央林間付近、大和市周辺、横浜町田ICホテル街・町田駅・旭区、相模原市・海老名市(一部地域を除く)、藤沢市(北部)、泉区、保土ヶ谷、都築区、藤沢市(南部)、戸塚区、寒川、 茅ヶ崎、平塚、その他
営業時間 19:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/emeister/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、イーマイスターさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般割りかし頻繁に利用させて貰っているんですが、

景気が悪いからか、風俗全般的に、最近ではお客さんを取るために、本番(基盤)させてくれる女の子が普通になってきている気がします。

個人のイメージだと、60-70%くらいの可能性で本番できるという感じ。

さらには、ゴム蟻だけじゃなく、ナマ挿入でも大丈夫って女の子も物凄く多くなった感じがします。これもデフレの影響なんだと思います。。。

ナマ挿入でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、当然のことながらNNは少なめ。僕、個人的には、ここ1年くらい、殆どNSばかり。

カワイイ子と安く本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
絶対本番(基盤)させてくれる

カワイイ子を見つけたいって思いません?

だって、いくらインターネット上の体験談で「本番できる」って言われている女の子でも、

正直なところ、一度でもプレイしてみないと、本番させてくれるのかはハッキリしていませんからね。

そうなってくると、風俗で本番することが可能な女の子を、探し出すなんかよりも、出会い系等を利用した方が、「確実&安上がり」って僕は思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女性とSEX三昧

僕はワクワクメールを重点的に使っているんですが、コスト1〜2万円程で、その辺で買い物しているような「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

ちょっと前に可愛い系のアパレル系(20才)と会ってきたんですが、

まず最初に喫茶店でお茶してからホテルで「」で朝までSEX漬け。

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗よりお得感ありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、普通の女性とのSEXした方が一番興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

ここ数年、出会い系を使いながら感じるのは「マジカワイイ女性が多くなったなぁ〜」というような事。

景気が悪いせいで、

「風俗はやだでも、お金はほしい」

って18〜23才程の女性がむちゃくちゃいるんです。

援交というと印象が良くありませんが、

食事おごってからSEXする
SEXして帰りにタクシー代(=お金)渡す

って彼女にすら似たようなことするわけで、いたって当たり前ですよね。

にも関わらず、出会い系を使っている人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人が多いみたいですが、

初めて会った時とかはお金を掛けた方がスマートだと思います。

何回か会って仲良くなって来れば、自然と「タダマン→セフレ」に変わって行きますんでご安心を。

とにかく紳士的に

今まで、会ってきた、女性に聞くと、

出会い系を使っている男の人って「金支払うから生でさせろ」のように、顔を合わせる前のメッセージ=やりとりの段階で、そんな印象の人がほとんどみたいです。

そういう理由で、是非とも紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えてください。

そうすれば思っている以上に会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってインターネット上に書き込んでいる人って、最初のコストをけちり過ぎです。

お金かけずにSEX出来るようになるのは、最初の壁を超えて、安心感を与えられる男の人だけだと思います。

また「写メ見せろ」って男の人も多いと聞きます。

当然送ってくれる女性であればオーケーなのですが、写メはダメって女性結構いるのです。

そのような場合は、なにはともあれ一回会ってみるといいですよ。

で、そんなにタイプの女性でなければ、きちんと断れば問題ないですし、

断りにくいのであれば、取り敢えず「お茶でも行きましょう」って感じにして、帰ってしまえば、全然問題ありませんよ。

当然僕はそういう風にしてます。

▼▼▼