横須賀スイートスタイルの口コミ・評判

店舗名 横須賀スイートスタイル
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/巨乳・爆乳/お姉さん・キレイ系
最安値料金 60分 17000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 横須賀発 横須賀市中央エリア/横須賀市内/葉山/三浦/逗子etc.
営業時間 24時間
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/ysss/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

確実に本番(基盤)するための秘策

以下、横須賀スイートスタイルさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

どうも、風俗大好き人間「ミノル」です。

ボクは風俗全般比較的何度も利用させてもらっているのですが、

景気が良くない為か、風俗全般的に、近年はリピーターを獲得することを目的に、本番(基盤)出来る風俗嬢が普通になってきたように思います。

僕、個人のイメージでいえば、70%ぐらいの可能性で本番できるという感じ。

また、ゴム蟻は当然として、生で挿入OKの風俗嬢もとても増えた感じがします。これも不景気の影響かもしれません。。。

生で挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然のことながらNNは少なめ。ボク、個人的には、ここ1年ぐらい、ほぼすべてNSだけ。

カワイイ子と低コストでSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
100パーセント本番(基盤)できる

カワイイ子に会いたいって思いませんか?

だって、仮にインターネット上のクチコミで「本番できる」って噂されている風俗嬢でも、

実際のところ、一回指名してみないと、本番できるのかははっきりしていませんからね。

そうなってくると、風俗で本番OKの風俗嬢を、探し当てるなんかよりも、出会い系等を使ったほうが、「確実&安上がり」とボクは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女性とセックス三昧

ボクはワクワクメールを重点的に利用しているんですが、コスト1〜2万円くらいで、駅近くをぶらぶらしている様な「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

ちょっと前にキレイ系の金融系OL(19才)と会ってきたんですが、

軽くご飯食べてからホテルで「ナマ」で朝までセックス三昧。

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比較してお得感ありません?

プロの嬢よりも、普通の女性とのセックスするほうが一番興奮しますw

僕はこれでタダマンしてます。

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を使っていて気づくのは「むちゃくちゃカワイイ女性が多くなってきたなぁ〜」的な点。

景気が良くないせいで、

「風俗では働きたくないでも、おこづかいはほしい」

って18〜23才くらいの女性がメチャメチャいるんですよ。

援交というと印象がよくないですが、

食事おごってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=おこづかい)渡す

って彼女でも同じようなことするわけで、いたって当たり前ですよね。

それにも関わらず、出会い系を利用している人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が殆どですが、

初対面のときはお金をかけたほうが良いように思います。

何回かエッチして仲良くなってきたら、いつの間にか「タダマン→セフレ」になって行くんでご安心を。

特に紳士的に

これまで、エッチしてきた、女性にきいてみると、

出会い系を利用している男性って「お金出すから中出しさせろ」のように、会う直前のメールなど=やり取りのときから、そんな印象の人がほとんどとのことです。

という訳で、是非とも紳士的に振る舞って、女性を安心させてあげて下さい。

そうすることで驚くほど会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってインターネット上に書き込みしている人って、最初のコストをケチり過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにセックスできるようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと言えます。

また「写メ送れ」って男性も多いようです。

普通に見せてくれる女性の場合は良いのですが、写メはNGって女性多いです。

そのような場合は、なにはともあれ一回会ってみた方がいいです。

で、あんまり好みの女性でない場合は、キチンとお断りすれば問題ないですし、

断りにくいのであれば、まずは「お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、全然問題はありませんよ。

普通にボクはそうしてます。

▼▼▼